出会い系サイト「ハッピーメール」で、エッチした女性はフェラが上手だった

俺は、30歳のテツヤという普通の男性です。
仕事は、飲食店で働いていて平凡な毎日の繰り返しです。
そんなある日、いっしょに働いている人から面白いサイトを教えてもらいました。

「テツヤ君。出会い系サイト知ってる?簡単に女性と出会いエッチが出来るぞ」

と、聞き興味を持った俺。
それは、「ハッピーメール」という女性と出会えるサイトになり結構有名です。
俺も聞いた事があり、利用している友人もいます。

「退屈だし、いっちょ利用してみるか」

と、思った俺はハッピーメールを開き登録して利用する事になります。
このサイトは、「プロフ検索」と「掲示板」などから女性と交流を持つようです。
俺は、プロフ検索から近場の女性を探す事にしました。
数多い女性の中から、1人タイプの人に目が止まります。

顔は、芸能人でいうと女優の「今田美桜」さんと似ていて目が大きな女性です。
名前は、「メグミ」といいフリーターをしている20歳の女性です。
俺は、このメグミにメッセージを送る事にしました。

「メグミさん。初めまして。OO市に住むテツヤと言います。メグミさんの写真を見てタイプだったので、メッセージを送りました。
交流したいので、ぜひ返信メールを待っています。」

と、軽めの挨拶文を送った俺。

数分後、俺の携帯にメールが届きうれしくなります。

「テツヤさん、メールありがとう。メグミです。私も交流したいのでメール続けましょう」

メグミさんは、俺に興味を持ってくれてるみたい。

「はい。したいです。出来たら夜に会って食事などしてみたいな」
「うん。いいよ。私も夜は退屈なんで」
「マジ?うれしい。会おうよ」
「うん。」

「じゃあ、土曜日の夜7時にOO駅前で待ち合わせどう?」
「いいよ。」
「決まり。6時に絶対来てよね」
「OK。行く」

俺は、メグミさんと数回のメールで会う約束が出来てライン交換もしました。

ホテルで朝までエッチで燃えた

土曜日の夜、俺は、OO駅前でメグミさんを待っています。

「本当に、来るかな?」

不安を感じながら待っていると、メグミさんらしき女性と目が合います。

「ハッピーメールのメグミさん?」
「はい、そうです。」
「来てくれてうれしい。」
「私も」

メグミさんは、ジーンズにジャンパー姿のラフな服装です。
顔は、女優の今田美桜さんと少し違っていましたが、ブスでなかったので良かったです。
俺とメグミさんは、近くの飲食店へ入り食事をする事になります。
メグミさんは、意外とエロ話が好きで会話が盛り上がりました。

「メグミさん、ハッピーメールよく使うの?」
「今まで10回ぐらいかな?」
「男性とエッチは?」
「7、8人とした」

「エッチ好きなの?」
「好き」
「これ食べたらどうする?」
「任せるよ」

「ちょっとブラブラしてからホテル行ってみる?カラオケとかあるよ」
「うん。いいよ」

俺とメグミさんは、飲食店を出た後街をブラブラしてラブホテルへ行きました。
ラブホの部屋に入った俺は、メグミさんを抱きしめてキスをします。
積極的に舌を絡ませてくるメグミさん。
ジャンパーを脱がしオッパイを揉むと、柔らかい感触が手に。

「アーン アーン」

小さな喘ぎ声を出すメグミさん。
ベッドに寝転び服を脱がすと、黒のパンツを履いていたメグミさん。
真ん丸オッパイを吸い舐める俺。
パンツを脱がすと、アソコの黒い毛がイヤらしいです。

アソコを弄り顔を埋めて舐める度に、声を出して感じるメグミさん。
俺は、メグミさんの口へ勃起した性器を持って行くと、ムシャブリ付いてきました。
口の中で舌が動く度、快感が全身を過ります。
性器を先から根元まで、本当に舐めるのが好きなメグミさん。

「上手いな。気持ちいいよ」

俺は、メグミさんの舌使いに放心状態です。

「イクッ」

快感がマックスになった俺は、メグミさんの口の中へ出した。

「ゴクリ」

メグミさんは、液体を飲んで笑みを浮かべています。
その後、正常位で挿入した俺は、ベッド上で激しく腰を動かしました。
好きな騎乗位では、前後に腰を振るメグミさんに興奮をします。
最後は、メグミさんのお腹へ発射した俺。

朝までエッチを楽しんだ俺とメグミさんは、満足した夜が過ごせます。

「メグミさん、また会おうよ」
「いや、割り切りで今日だけがいいよ」

メグミさんの言葉に、俺は少し残念でしたが、キレイに別れる事が出来ました。

今回はハッピーメールでエッチな体験を楽しめましたが、出会い系ブロガー松岡さんが使っているPCMAXもオススメです。本当に簡単にエッチできるので、出会い系でうまくいかない方は参考になるかもしれません。